石原式酸素カプセル (ISHIHARA O2カプセル)

石原式酸素カプセルは、酸素濃度・気圧・機能性・快適性・安全性などを考慮して、
最適な条件で利用できるように設計・製造されています。
石原式酸素カプセルで使用する気圧と酸素濃度の設定は、石原教授の研究結果を反映したものです。

石原式酸素カプセルの
原理としくみ

石原式酸素カプセルは、「1.25気圧」、「酸素濃度36~40%」のカプセル内環境を生み出す軽度高気圧酸素カプセルです。

  • なぜ、「1.25気圧」でなければならないのか。

  • なぜ、「36~40%」の酸素濃度でなければならないのか。

これらは京都大学 石原昭彦教授の研究成果から、健康増進用の酸素カプセルの有効性や安全性を考慮して導き出されています。

石原式酸素カプセルの「理由」

「1.25気圧」「酸素濃度36~40%」

石原教授の研究成果から、酸素カプセルの条件に

の2つがあります。

■「1.25気圧」の理由

濃度を高めた酸素を有効に取り入れるには、気圧の条件も大切です。
酸素を有効に取り込むためには、気圧を上げて酸素を血液に溶け込ませる必要があります。しかし、理論上は気圧と酸素濃度が高ければ高いほど血中に酸素を溶け込みやすくなる一方で弊害も出るため、注意が必要です。
石原式酸素カプセルでは安全な範囲で利用できる「1.25気圧」としています。

■「酸素濃度36~40%」の理由

科学的に有効な酸素カプセルの条件には、36%以上の酸素濃度が必要です。これは石原教授の研究成果によるものです。
最新の研究により酸素濃度は40%までを許容範囲としています。つまり、健康増進用の酸素カプセルでは、
「36~40%の酸素濃度」が安全かつ有効に生体に作用するのです。
この酸素濃度は、酸素濃縮器がなければ実現できません。ですから、酸素カプセルには酸素濃縮器が必ず必要になります。また、酸素濃度が40%を上回ると活性酸素が増える可能性が高くなり、人体への悪影響の恐れも出るため、ただ酸素濃度が高ければよいのではありません。

​酸素を増やし、代謝を上げるからこそ様々な健康効果

​ご予約は  096-202-5319